アウトドア

☆ウッドガスバーナー



今回は、アウトドア最強のストーブと自負する『ウッドガスストーブ』の紹介です!

外で調理するといえば、カセットガスやホワイトガソリン、木炭等があげられますが、どれも事前準備が必要で途中で無くなるリスクもあります。

その点、ウッドガスストーブは、現地で調達した小枝や落ち葉を使用して火が起こせますのでコストパフォーマンスも最強でアウトドア感満載です☆

持ち運びにも便利で分割して収納できます。

組み立て方もとても簡単で、素材もステンレス製ですので長く持ち、丈夫な作りになっています。

ただデメリットとしましては、着火にコツがいり、初めて使う方にとったら難しい場合もあります。

それでも手順を踏めば直ぐに慣れて楽しめます。

①最初に下の方に燃えやすいおがくず系の小さい木くずを入れます。

②その上の中層に細い枝を入れます。

③着火します。

④火が落ち着いてきたらまた細い小枝を入れて、炎が大きくなってきたら直径1cm位の小枝をいれます。

⑤ここまでくれば五徳にやかんや鍋を置いて隙間から追加投入していきます。

くれぐれも廻りに燃えやすい物がある所や火気厳禁の公園では使用してはいけません。

注意を守りやけどをしない様に皮手袋の着用をおすすめします。


こちらの商品もコスパに優れていますので、一つ持っていると重宝します☆

BBQをする時に網の移動とかでも熱いのを我慢しなくてすみますので大活躍してくれます!